楽しくブラインドタッチ

最速タイピング理論

今更聞けない!「タイピングとは?」について

PR
 


タイピングとは、タイプライターやワープロなどやパソコンなどの
キーボードを使って文字などを入力していく行為を言います。


タイピングに慣れていない人の大半は、キー入力をするときに
キーボードを見ながら入力していくのですがタイピングに慣れている人の場合は
キーボードを見なくても文字を入力することが可能です。


また、慣れていない場合などは、人差し指でキー入力をする人もいると思いますが
当サイトでは、楽しみながらキーボードを見なくてもタイピングが出来るようになる方法を
解説していきたいと思っています。


また、指先だけの感覚で文字入力をしていくことを「タッチタイプ」などや
ブラインドタッチ」と呼ばれています。





ブラインドタッチのメリット



ブラインドタッチをする事で色々なメリットがありますが
一体どんなメリットがあるのかを解説していきたいと思います。



入力速度が上がる

タイピングミスを早期に発見できる

視点移動が少ないので目が疲れにくい

チャットやテープおこしなど原稿が不要な場合に効果がある



以上の4つのメリットを書いてみました。


文字入力をする場合に慣れていない人はキーボードを見ながら
文字を入力をして、文字があっているかどうかを画面を見て
再びキーボードを見ながらタイピングをしているってことをしてませんか?


こういうタイピング方法よりも、画面に集中して文字入力をするほうが
入力速度がかなり上がりますし、視点移動をしなくても良いので
速度も視点移動をしながらのタイピングと比較しても速度が速いといえます。


視点移動でのタイピングはどうしても速度的に遅くなりますが
ブラインドタッチをする事によって画面に集中するので文字入力が早くなると言うわけです。







ブラインドタッチのメリットの一つとしては、画面に集中しているので
文字の入力ミスなども速く見つけることが出来ます。


ブラインドタッチの場合は画面に集中しているので
誤字なども入力しているうちに発見することが出来るので
修正もすぐに行えるのもメリットの一つと言えますね。


また、文字入力をしているときなどが画面に集中しているので
視点移動がほとんど無いので目も疲れにくいといえます。


ブラインドタッチは知り合いとチャットをするときなどや
テープ起こしなどをする場合に、とても便利な方法なので
ぜひとも、ブラインドタッチを覚えておきたいところと言えますね。


PR