1. TOP
  2. コラム
  3. タイピングが早いと頭がいいって本当?仕事の能力の相対関係も検証

タイピングが早いと頭がいいって本当?仕事の能力の相対関係も検証

タイピングが早い人は、頭が良いというネット情報があります。

タイピングが早ければ頭が良いというのは
半分間違いで半分は正解かもしれません。

 

タイピングが早いという基準は人によっても違いますし
明らかに早い人だけを見て「速い」という人もいれば
自分よりもタイピングが早い人はみんな速いと認識する人もいます。

ここでは、タイピングが早い基準を寿司打1万円コースで
2000以上のスコアをたたき出す人だけを早いと位置づけることにします。

 

タイピングが早いと頭がいいというのは本当なのか?

結論から言えば、頭が良いというよりも
頭の回転が速いと言ったほうが正しいです。

頭の回転が速いというは、頭が良いということではなく
要領が良いとか場面に応じた柔軟な対応ができる人なのです。

 

たかがタイピングが速い程度で大げさだと思うかもしれませんが
それは意外に大きく間違った考え方です。

実は20代でタイピングの速さとが
仕事の成長に大きな影響を及ぼすと言われています。

 

とくに、処理能力とタイピングの速さは
大きな相関があります。

パソコン作業でリサーチ業務やデータ入力など
タイピングをする機会が多いならタイピングが速くなりやすいです。

 

頭の回転が速いとデータ入力もパッパとできてしまうので
仕事が終わるのも早い場合が多いでしょう。

ただ、頭が良い人は仕事の効率化を考えるので
いかに作業をする時間を短縮できるかを考えているのです。

 

タイピングの速さと仕事の能力に関連性はある?

タイピングの速さと仕事の能力は
大きな関連性があります。

タイピングをいかに速くするかを考えて作業をすることは
頭が良いだけではできることではありません。

 

頭の回転が速くなければ
タイピング速度を早くすることも不可能でしょう。

タイピングの速さは頭の回転と手の動きを改善することに関わっていて
頭の回転は目の前の情報をいかに正しくインプットできるかにあります。

 

たとえば、寿司打で1万円コースをするときに
目でタイピングをする言葉を見てタイピングをするまでの時間は
頭の回転に関係していると思われます。

文字入力をしようとして脳がキーを打つように指示するまでの時間も
タイピングの速さに直結してきます。

 

動体視力も関わってくるので
ある程度は能力が限定されてしまいます。

それでも日々のトレーニングを続けていけば
タイピングが速くなる可能性は非常に高くなるでしょう。

 

まとめ

タイピングは指を動かすので
脳のトレーニングにも効果があります。

しかも、ボケ防止のために
タイピングをする人もいるので
タイピングをすることは良いことだらけなのです。

 

つまり、タイピングが早いと頭がいいって本当なのかですが
それは本当です。

頭の回転が良いので入力したい文字を目で見て
すぐにタイピングをすることができます。

 

タイピングは指を動かし脳に刺激を与えることで
脳が活性化すると言われています。

タイピングに興味を持っている人は
タッチタイピングを練習してみてはいかがでしょうか。

 

\ SNSでシェアしよう! /

WEBライターに必要なタッチタイピング講座の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WEBライターに必要なタッチタイピング講座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • パソコンを使った簡単で安全な副業はない?求人はどこでしているのか紹介

  • タッチタイピングができる割合はどれくらい?習得するまでの期間

  • タイピング入力がうるさい人 仕事できないって本当?!

  • タッチタイピングのスピードアップをしたいならキーボードもこだわるべき!

  • パームレストを使用することで文字入力しやすい!?

  • タッチタイピングの加速アップにはゲーミングチェアが最適?!