1. TOP
  2. WEBライターで稼ぐ方法
  3. おすすめのクラウドソーシングはどこ?失敗しない選び方はある?

おすすめのクラウドソーシングはどこ?失敗しない選び方はある?

クラウドソーシングは簡単に始められるというイメージが
とても強いかもしれません。

確かに簡単にノースキルでも始められる仕事もありますが
死角や経験がないと無理な仕事もたくさんあります。

 

このページでは、筆者の経験上の中で使いやすかったクラウドソーシングや
失敗しないクラウドソーシングの選び方を紹介します。

 

そもそも、クラウドソーシングって何?

クラウドソーシングはブログ記事などの執筆やデータ入力などや
動画の編集、ロゴのデザインなど色々な仕事があります。

そのなかで、あなたができそうな仕事を選ぶわけですが
簡単に作業ができるような仕事は報酬単価が安いケースが多いです。

 

サイト作成などの依頼は万単位ですが
ブログ記事作成の仕事は数百円からの場合が多いです。

空き時間を使って副業がしたいという場合は
記事作成がおすすめの仕事となります。

 

クラウドソーシングにはいろいろな募集サイトがありますが
その中で最もおすすめのクラウドソーシングを紹介します。

 

おすすめのクラウドソーシングは?

おすすめのクラウドソーシングは
「クラウドワークス」です。

筆者はランサーズも利用をしていた時期もありましたが
現在はクラウドワークスだけに絞ってライターの仕事をしています。

 

理由は、クラウドワークスの場合は募集案件が多いのと
古くからあるので信頼性が高いからです。

ランサーズも案件は多いのですが
やりたいジャンルを絞ると仕事はかなり少なくなりますね。

 

WEBライターというよりも自宅で副業をしたいという場合は
とりあえずクラウドワークスを登録しておくのも良いかなと思います。

ヤフーとも連携している国内最大級のクラウドソーシングサービスで
ライティングや英語の翻訳などやイラストの作成という仕事を選ぶことができます。

 

主にクラウドワークスの仕事は
以下のようなジャンルがあります。

 

・ブログ記事の執筆代行
・文章のリライト・校正
・ブログやホームページの作成
・ブログのタイトルロゴデザイン
・広告バナーのデザイン
・企業ロゴのデザイン
・データ入力
・テープ起こし
・ネーミング
・システム開発
・iPhone・androidアプリの開発
・英語や中国語の翻訳
・コピーライティング

 

クラウドワークスにはプロクラウドワーカーという認定システムがあり
色々な特典があるのです。

プロクラウドワーカーになるには
色々な条件が必要になります。

 

プロクラウドワーカーになると依頼主としても
仕事を任せられるという安心感につながります。

さらに、プロクラウドワーカーになると
報酬単価も高い案件を選べる特典も用意されています。

 

クラウドソーシングを利用する4つのメリットとは?

クラウドソーシングを利用するメリットは
筆者が考える中で4つほどあります。

一つ一つ、紹介をしていきますね。

 

メリット1:好きな時間に仕事ができる

クラウドソーシングを利用するメリットの一つで
好きな時間に仕事をすることができます。

たとえば、子供が寝ている合間に
少し記事作成をするということも可能なのです。

 

データ入力の仕事も空いた時間に
作業をしても全く問題はないでしょう。

筆者も空いた時間に記事作成の仕事を
何件かやっています。

 

筆者の場合はタイピングをすることが大好きなので
特につらいと思ったことがありません。

仕事がないときは
ご覧になっているブログを更新しています(笑)

 

メリット2:スキルアップにつながる

依頼主によっては
「記事作成マニュアル」を用意していることがあります。

筆者もWEBライターさんに記事を作成してもらうときは
マニュアルを渡して読んでもらっているのです。

 

マニュアルを用意する理由はライターさんに
より詳しく自分が求める記事にしてもらうために作成し
各ライターさんに渡すことがおおいです。

もちろん、依頼主によっては理由は様々でしょうけど
筆者の場合は、上記の通りの意味を含めマニュアルを渡しています。

 

たとえ、未経験でもマニュアルを読んでもらうことで
スキルアップができますし筆者が思った記事構成になりやすいです。

クラウドソーシングで評価が増えれば
安心して仕事を任せられるという信頼性が高くなります。

 

しかも、良質な記事を作成していくことで
報酬単価も上がりやすくなります。

クラウドソーシングのシステムになれるために
最初は報酬単価の安いタスク案件で練習をしてみると良いでしょう。

 

記事作成になれて来たら「プロジェクト」の仕事も
挑戦していくと良いですね。

 

メリット3:人間関係のストレスを抱え込まなくて済む

リアルの仕事の場合は、常に周囲に人がいます。

人によっては周囲の目が気になり
ストレスに感じることもあるでしょう。

 

しかし、クラウドソーシングは自宅で作業をするし
返事などはほぼテンプレート化すればストレスは感じないでしょう。

基本的に人とのコミュニケーションはとることは少ないので
人とのかかわりでストレスに感じることはないといえます。

 

お金のやり取りもワンクリックで出来るので
特に面倒な部分はありません。

納品日も緩い案件も多いので
ストレスを感じることは少ないです。

 

メリット4:やり方によっては生活できるくらい稼げるようになる

クラウドソーシングは仕事によっては
労力にたいして儲けが薄いという話を聞きます。

筆者も、実際にライティングの仕事をしていますが
案件によっては労力よりも報酬単価のほうが安いケースが多いです。

 

しかし、すべての案件が報酬単価が安いわけではなく
中には高額の報酬単価もあるのです。

筆者が現在しているライティングの案件は
1000文字の記事を10件という仕事で1万円の成果をいただいております。

 

つまり、案件によっては値段に差があるということです。

また、小さい案件でも全力で仕事をすることで
評価が高くなりやすいです。

 

評価が高くなると良い条件の案件が向こうからくる?!

「安い案件でも良い仕事をしてくれる」といろいろな依頼主に知れ渡れば
良い条件の仕事も舞い込んできやすくなるのです。

筆者がライティングの仕事を開始するために
クラウドワークスに登録をした最初の仕事は
3000文字10記事で2000円という案件でした。

 

ひどいのになると、3000文字で1記事500円というのも
実際にあったのです。

しかも、最初は自分から仕事を探さないと
中々良い条件の案件が来ませんでしたね。

 

色々な実績を積み重ねていき評価を上げていくことで
報酬単価の高い案件も依頼視されるようになりました。

ヤフー知恵袋でもたまに見かける「クラウドソーシングは労力のわりに稼げない」というのは
フタを開けてみると始めた手で評価も低いということが多いのです。

 

登録したての場合は依頼主もギャンブルのかけみたいで
ものすごく怖いものなのです。

たとえば、登録した手で評価がゼロというライターと
評価が300件以上のライターとでは後者を選ぶ依頼主が多いです。

 

企業としても高評価の人に仕事を任せたいと思うので
最初は稼げないというのは普通なんです。

 

フリーランスじゃなくなって気づいたこと

一時期はフリーランスだった筆者ですが
現在は企業の雇用されつつ空いた時間にライティング作業をしています。

もちろん、案件は高いほうが良いですが
やっつけ仕事をしているライターは
依頼主からすれば避けたい人材です。

 

なぜなら、受注している案件が多くやっつけ仕事をしているライターの記事は
質が悪く速く納品しようという気持ちが記事から伝わってくるからです。

実は、記事をたくさん書いていた時よりも
ゆっくりと記事作成ができるので現在は質の高い記事を書くことができます。

 

無理をして記事を大量に受注し納品に追われていると
記事の質はどんどん落ちていくという当たり前のことに
いまさらながら筆者は気が付きました。

 

安い報酬単価の案件を大量に引き受け評価を上げるほうが良い理由

筆者は安い案件も引き受けるWEBライターで
月に10人の依頼主と連絡をして仕事をしていたこともあります。

納品日に遅れたことはありませんが
無理をしていたのは事実かもしれません。

 

朝の5時20分から作業を開始し、夜中の12時まで作業をしていたのです。

下手をすると次の日の朝2時まで
記事作成の作業をしていたこともありましたよ。

 

筆者もプロなので、納品日は絶対に遅れないことと
質の高い記事を依頼主に納品することに徹していたのです。

その努力も実ってか、高い評価がつきました。

 

安い案件でも無視をしないで快く引き受けて
評価を上げるということをしたほうが良いですね。

筆者は評価を登録しないので
依頼主やWEBライターさんには少し嫌われているみたいです(苦笑)

 

なので、一つの案件が完了したら
絶対に依頼主の評価をコメントなしでも良いので登録したほうが良いでしょう。

 

失敗しないクラウドソーシングの選び方

筆者自身が経験をしたことですが
仕事が少ないクラウドソーシングは登録をしても無駄です。

たとえば、筆者のようにライティングの仕事を探す場合でも
仕事が何ページにもわたり紹介されていないクラウドソーシングは
あまり利用されていない可能性が高いといえます。

 

逆に、いろいろなライティングの仕事がたくさんあるクラウドソーシングは
かなり利用者が多いと判断できます。

たくさん仕事がある場合は、あなたが得意なジャンルも探しやすいので
仕事も見つけやすく実績も増えやすくなります。

 

まとめ

副業をしていて会社にバレたくないという人は
非常に多いのではないでしょうか。

筆者も会社にバレたくないという気持ちですが
年収20万円を超えていないので会社にバレません。

 

しかも、確定申告の対象ではないので
とくに申告はしなくても良いでしょう。

筆者は年収100万円を超えていた時期があったので
青色申告で確定申告書を作成して該当する税務署に提出しています。

 

確定申告に関しては年収20万円を超えない限りは
気にしなくても良いでしょう。

最初は、評価を上げることだけに専念をして
安い報酬単価でも頑張って全力で作業をしていくようにしたほうが良いです。

 

webライターを始めるには何が必要なのかについては
以下のページで重要なことを書いたので読んでみてくださいね。

↓↓     ↓↓

webライターの始め方は簡単?何が必要なのかを紹介!

 

\ SNSでシェアしよう! /

WEBライターに必要なタッチタイピング講座の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WEBライターに必要なタッチタイピング講座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • WEBライターはタイピング速度が速くなければいけない?報酬を上げる方法

  • webライターの始め方は簡単?何が必要なのかを紹介!