1. TOP
  2. コラム
  3. パームレストを使用することで文字入力しやすい!?

パームレストを使用することで文字入力しやすい!?

WEBライターという仕事をしていると
どうしても長時間パソコンに向かうことが多くなります。

どの場合に、手首が痛くなったりすることもあるでしょう。

 

特にデスクトップパソコンで作業をしている場合は
キーボードの高さがあっていないと知らず知らずのうちに
手釘に負担をかけてしまうのです。

このページでは、パームレストとは何かや
パームレストを使うと手首などが疲れないのかについて紹介をします。

 

パームレストとは?

そもそも、パームレストとは何かといえば
パソコンのキーボードの手前に置くクッションのことです。

パームレストを手の下において使用することで
長時間タイピングをしても疲労を緩和することができるのです。

 

パソコンのキーボードは手のひらの付け根にデスクにおいて
タイピングをしても手首が痛くなります。

しかも、手を浮かせながらタイピングをしても
手首が疲れたり腕が疲れてきたりしますよ。

筆者は手を浮かせてタイピングをするのですが
腕や肩がどうしてもだるくなってしまうのです。

 

そこで、パームレストを使用すれば
腕や肩の疲れが緩和されるということです。

 

パームレストを使うと腕が疲れにくい

パームレストを使用しないでタイピングをしていると
キーボードの高さよりも手首の位置がどうしても下になります。

手を浮かしてタイピングをする場合は
キーボードよりも高い位置になるのです。

 

手首の位置がキーボードの下にあると
段差ができるので手首が少し反った状態になります。

長時間タイピングをしていると手首に負荷がかかり続け
痛くなることがあるのです。

 

パームレストを使用することで
キーボードと手首の位置が同じ高さになり
手首の痛みを緩和させることができます。

弾力性のある素材もありますが
硬いパームレストもあります。

 

いずれにしても、弾力性のある素材の場合は
手のひらを支えてくれるので長時間タイピングをしても手の疲労を和らげます。

 

薄いキーボードの場合はパームレストは必要なのか?

キーボードの中には、薄いタイプも存在しています。

こうした薄いタイプのキーボードの場合は
パームレスを使用すると逆に使いにくいのではないかと疑問を感じるでしょう。

 

パームレストによってはキーボードよりも高くなるので
逆にタイピングがやりにくいということもあります。

ですが、ホームポジションから上のキー(Q~{キー・数字キー)を打つときは
快適で疲労も少ない感じがします。

 

ただ、一番下のキー(Z~¥」は
手の高さよりも高くなるので違和感を感じます。

つまり、薄いタイプのキーボードでの使用は
人によっては使いにくさが目立つということです。

 

よしぶー
 薄型のキーボードでも手の位置がキーボードと同じ高さになるパームレストがあるなら
そちらを使用したほうが使いやすいということになりますね。

 

まとめ

長時間タイピングをする場合は
パームレストがあったほうが手首の疲れを和らげることができます。

パームレストは3000円でも販売しているので
それほど高い金額ではないですね。

 

長時間タイピングをすることが多く手首が痛く感じているなら
パームレストの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

\ SNSでシェアしよう! /

WEBライターに必要なタッチタイピング講座の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

WEBライターに必要なタッチタイピング講座の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • タッチタイピングの加速アップにはゲーミングチェアが最適?!

  • パソコンを使った簡単で安全な副業はない?求人はどこでしているのか紹介

  • タッチタイピングのスピードアップをしたいならキーボードもこだわるべき!

  • タイピング入力がうるさい人 仕事できないって本当?!

  • タッチタイピングができる割合はどれくらい?習得するまでの期間

  • タイピングが早いと頭がいいって本当?仕事の能力の相対関係も検証