楽しくブラインドタッチ

最速タイピング理論

タイピングの基本的なポジション

PR
 


キーボードの手の置く位置は決まったポジションがあります。


おそらく、タイピングに慣れていない人はキーボードを見ながら
タイピングをしているのではないでしょうか。



当管理人も、最初の頃はキーボードを見ながら人差し指で
タイピングをしていました。


現在では、何とかブラインドタッチはできるようになりましたが
それでも、まだまだ、違うキーを叩いてしまうこともあります。






ただ、ブラインドタッチをする場合はキーボードを見ないほうが
上達が早いと言われていますが、最初はキーボードのキーを正確なポジションで
正確に文字を入力していくことから始めると良いでしょう。


文字入力をする場合のキーボードに指を置く位置は決まっています。


キーボードの「A」「S」「D」「F」「G」「H」「J」「K」「L」「;」のキーは
ホームポジションと呼ばれています。


文字を入力しない場合や入力した後は、必ずこのホームポジションに
指が戻っていないといけません。


基本的には、両手の人差し指は「F」と「J」のキーに置きます。





そして、右手の中指は「K」そして
薬指が「L」小指が「;」に置きます。


次に左手の指を置くべきキーは人差し指が先ほども説明しましたとおり「F」に置き
中指が「D」そして、薬指が「S」に置き最後、小指が「A」におきます。


「F」と「J」のキーには凹凸が最初から付いているので
両手の人差し指を戻す場合は、「F」と「J」のキーにある凹凸を頼りに戻すことになります。


キーボードのホームポジションに指を置くと
自然と左小指は「A」のキーの上に乗っているはずですし
右の小指は「;」に自然と乗っていると思います。


指を置く位置は決まっているし各指も担当するキーが決まっているので
いちいちキーボードを見なくても文字を入力することが出来ると言うわけです。


最初は、キーボードを見ないでタイピングをする人を見て
「すごい」と思ってしまうこともありましたが、慣れてくると
キーボードを見なくてもタイピングが出来るようになります。


当サイトに訪れたことは何かの縁に違いありません。


これを機会に、ブラインドタッチを覚えて見てはいかがでしょうか。


ブラインドタッチを覚えることで、入力時のミスなどや文字入力の速度が
格段に上がることは間違いないといえます。


PR